りんご箱

Mac歴22年。人生の半分以上をMacと過ごしています。

ブログを書くことが難しい時代になったと感じる

最近は綺麗なテンプレートで内容は「記事」として書かれているものが多くなったなぁと感じます。

私とブログの出会いは、「iBlog」というソフトウェアで、多分アップルから貰ったものです。当時、「.Mac」というサービスでWebが公開できて、iBlogもそこへアップロードして公開できる・・・そんな仕組みだったと思います。

その頃はブログとは何ぞ、という状態で、世の中は掲示板(BBS)全盛期。とにかく今のように誰でも気軽に始められるものではなく、私も手探り状態でスタートしました。

結構珍しい存在だったのですよ。

インターネットアーカイブで当時のブログ残ってないかなーと調べて見たら・・・ありましたΣ(・ω・ノ)ノ

・・・インターネット怖い

絶対個人を特定できるような情報をインターネットに流さないでくださいね・・・。地球が滅亡するまで残ります。

2003/9/26にiBlogでブログを始めたようです。

45


ブログ歴だけは無駄に長い。

ブログってWebLogなので、なんかの記録的な意味合いだと思ってたのですが、最近は情報発信サイト化してるなぁと感じます。

現在のブログは、アクセスアップ、アフィリエイト、広告、CEO対策、ブログの効果的な書き方・・・など、すごく難しい。

どのブログもすごく綺麗で、目次があってタイトルがあって内容があって・・・。

ただ、なんとなく、すごく、上から目線な感じが否めません。

グーグルも、しょうもないもんしかないブログやサイトは検索結果にだしません!という感じですし(その割にまとめサイトとかネ○バーなどパクリサイトが上位にでる)。有益な情報をユーザに提供するのが検索エンジンの仕事なんですが、なんというか、インターネット上もリアル世界のように余裕がない感じがします。日記や雑記、つぶやき程度の内容のブログは検索に引っかかりもしない。昔のしょーもないどうでもいい内容のサイトが懐かしいです。必死で探し物してる時は邪魔ですが。ゆる(い)サーチとかないですかね?

***
以前、子どもの教育をテーマにしたセミナーがすぐ近所で開催され、ちょっと興味があったのでいってみたのですが、言ってることは正論なのかもしれませんがすごく馬鹿にされてる感じがして、受け入れ難かったです。まさに現在の「ブログ」をリアル世界で感じた瞬間でした。


私も何度かブログ!アフィリエイト!広告!って思い立っていろいろ試行錯誤して見ましたが(ブログ内に痕跡が)、結局日記的ログに帰ってくるので、私のブログスタイルはこうなんだろうという結論に達しました。細々と続けていけたらと思います。(o^∇^o)ノ


AppleIDを狙うフィッシングメール

友人のところへAppleIDがロックされた、変更されたというフィッシングメールが届きました。

こんなメールきたー、って感じで私のところへ転送されてきたその瞬間に


「スパム!リンク押さない!」


とiMessageを送りました。


「まじか」
「見分けつかない」
「聞いてよかった」


と、無事AppleIDを守ることができました。実際に送られてきたメールのスクリーンショットです。本物のリンゴマークがついてるところが嫌ですね。

23


13


45


13


よーく見ると日本語がおかしいのですが、ロックする、無効になるなんて書かれていると焦って確認したくなります。

しかし、本物のアップルからのメールに見えたとしても、メールのリンクは押してはいけません。本物であると言う証拠はパッと見ただけでは得られないのです。

もし、この手のメール(アカウントロック、アカウント無効、不正アクセスされました等)がきたら、メールに記載のリンクではなく自分でURLを打つ、もしくは検索してWebサイトを開きます。

本物であるなら、Appleからメールが来てる時点で既にロックされ、正しい手順を踏まないとアンロックされません。だから焦る必要は全くないのです。放置はダメですが、落ち着くことは非常に重要なのです。

また、IDとパスワードを入力するようなサイトでは、必ず鍵マークがあるか、正しいURLかを確認する癖をつけるとなおよいです。Safari(Mac)では「Safari内の環境設定メニュー」から「詳細」を選び、一番上にある「Webサイトの完全なアドレスを表示」にチェックを入れます。iPhoneではWebサイトを開いた後、一番上のアドレス欄をタップすると、正しいURLか確認することができます。

22


0342


母のガラケーにはAmazonを名乗るSMSが届きました。内容は表示できなかったみたいです。開かずに削除するように伝えました。

11

00


便利な反面、嫌な時代です。自分のところにきたら冷静に対処できるか、心配です。

十人の憂鬱な容疑者ゲームブッククリア

先日、脱出ゲームブック「十人の憂鬱な容疑者」を買ったので、少しずつプレイしていたのですが、他の3冊に比べると複雑感がありました。

結構大変でした。。。。一つの謎を複数のヒントで解くのに、一つのヒントを発見してだけで、経験とカンから解いてしまった謎がいくつか。分岐の進み忘れで何度探しても見つけられないヒントもありました。

ゲームクリアしたはずなのに、一つ発見していない手がかりが残っています・・・(なぜ)。

結構手ごたえのある謎が多くて、混乱しがちでした。一人一人の情報は、出て来た時に付属のシートに必ず書き込むことは超重要です!。あとで情報を探すのはかなり大変です。この情報があれば完璧よね(カメラでパシャッ)、と思ってたら足りなくてかなり探す羽目になりました〜。

一番ハマったのは、日本語の理解力のなさ!

気づくまでほんとアホなことやってました〜・・・・(2問も!)。

二席となりは、間に二席ではありません!



そして、前回の記事で、コピーして使うとあとでまた使えますよ!と書いたんですが、この本に限って言うと買った状態のまま次の人がプレイすることはできません。

正直、一人一冊買ったほうが変な落とし穴にはまらずにプレイできて楽しいと思いますね。。。

あと、中古本は、途中で放棄して売りに出されてる場合もありますが、答えが全て書き込まれた状態だった本もあったようです(某レビューより)。お気をつけください〜。

脱出ゲームブックが超楽しい

先日はリアル脱出ゲームの記事を書きましたが、今度は脱出ゲームブックの紹介です。

ゲームブックとは・・・数百のパラグラフで構成されていて、途中の選択肢によって話の変化を楽しめる本です。

例えば、こんな感じ。

1 本屋に来ました

    本を探す   ー> 3
    うろうろする ー> 10

3 あなたは今日発売の漫画を手に取りました

   本を持ってレジへいく    ー> 15
   本をこっそりカバンにいれる ー> 20

10 欲しい本がなかったので、家に帰る

   30へ

15 500円を支払って、家に帰る

   30へ

20 お店の人にバレて警察に通報される

   GAME OVER

30 帰宅した

というように、話が分岐します。同じ結論にたどり着くこともあれば、ゲームオーバーになることもあります。ゲームオーバーになってしまったら、その直前の分岐からやり直すことができます。

 ゲームブックは小学生のころに一冊読んだことがあるだけ・・・(なぜか無限ループに陥って結局最後まで読めなかった)。そんな私がゲームブックを楽しめるのか・・・というと、とても楽しかったです!

 脱出ゲームブックというだけあって、話の途中には謎解きがあります。付録のアイテムは謎解きの必需品で、読み進める途中で手にいれる「手がかり」を記録するためのシートが付いています。途中のパラグラフで「ここで記録シートのここにこうやって記入してね!」と書いてあるので「どんなことメモしておけばいいの!?」なんて心配する必要はありません(^^)。もちろん、自分が覚えておきたいことをメモするのはおすすめですし、iPhoneのカメラで撮るのも大丈夫。

ただし、撮影した本の内容、謎の答え、あからさまなヒントなど、ネタバレは絶対禁止です!



今日までに3冊の本をプレイしましたが、プレイする上で覚えておきたいことを紹介します。


1 本文中の謎(クロスワード、迷路、パズルなど)、付録のアイテムはコピーして使います

 一度解いた謎をもう一度解くことがあるかというと微妙なのですが、書き込んでしまうと本当に二度と使えなくなってしまうので、コピーして使うことをお勧めします。ただ、半透明の用紙、両面印刷、色用紙、といったコピーで同じものを再現するのが難しい場合もあります。謎を解くためにそういう用紙や印刷方法になっているので、コピーを使う場合は必ず原本を横に置いておきましょう。原本が両面印刷だったことを忘れて、片面コピーの付録を使っていて謎が解けない、という事態になります。
 本文中に登場する謎も、頭の中やメモだけでは難しいものもあります。消せるように書くかコピーするのがおすすめです。

2 どうしても解けない場合は、公式サイトにヒントがあります

 謎によってはなかなか解けないものもあるかもしれません。公式サイトにヒントが用意されているので活用しましょう。迷路やパズル系はほとんどがそのページだけで解けますが、アイテムや本文中で集めた情報で解く謎もあります。常に全てのアイテムに目を光らせて、本の表紙から裏表紙、上から下から右から左まで(破壊や分解はしません)探索してください。

購入時にあったものは「すべて」謎解きに関わって来ます。絶対捨てちゃダメですよ。

3 それでも解けない場合はどうすればいいのよ

 質問できる掲示板があります。インターネット上を検索すれば見つかりますが、自分がまだ進んでいない謎の質問を目にしてしまうことがあります。私が見た範囲ではあからさまなネタバレはありませんでしたが、極力利用はさけたほうが無難です。

4 分岐のあるパラグラフはメモしておくと後で非常に役立ちます

 始めてプレイしたとき、分岐をメモしておかなかったせいで行き先を最初から見直すはめになりました。しおりでは対応しきれません。

5 人のレビューはあてになりません

 謎解きは人それぞれ得意分野や謎解き経験値が違うので自分の得意な問題が多ければ簡単、なかなか閃かない問題があったら難しいといった感想になります。気にせずプレイして楽しんでください。



私がこれまでにプレイした本を紹介しておきます。どれもとても面白かったです!



 始めてプレイした脱出ゲームブック。捜査シートがカラーな上、両面印刷なので準備(コピー)に手こずる。そしてカラーなことをすっかり忘れていてヒントを活用できず、自力で解いた謎あり。本のあっちやこっちを利用して謎解きする脱出ゲームブックのすごさに驚愕する。コピー利用の際はご注意を。地図上の番号を変化させることで次の日になることに感動する。ゲームブックなら普通なのかもしれないけど、すごい!と思った。なんのこっちゃわからんという人はぜひゲームブックをプレイしてみてください。





人狼村の次にプレイした本。2冊の本を行ったり来たりして進めるゲーム。人狼村での経験を生かし、分岐をメモしたり、本や付属のアイテムをくまなく探索することでそんなに悩むこともなくクリアできた。謎自体はものすごく簡単なのに、本の指示で書いたメモを見落としていたため解けない謎があった。この経験から、結構考えてるのに解けない謎=見落としているヒントがある、という考え方を身につけた。謎解きはシンプルなのである(重要)。






道中は比較的サクサクとすすんだ。最後の謎でつまづいてちょっと凹んだ。結局公式サイトのヒントをみても肝心なところのヒントがなくて、あーでもないこーでもないと考え続けたのに、わかってみれば単純なことだった。そう、謎解きはシンプルなのである(重要)。



どの謎も、なんとなくこうだと思う、なんていう答えはありません。もし迷宮に迷い込んでしまったのなら、それは謎を解く方法がまちがっているのです。

歯列矯正を始めたら原因不明の体調不良がなくなった

矯正生活も6ヶ月目に突入。徐々に並んでいく歯をニヤニヤしながら眺めるのが日課です。初めてブラケットをつけたときはすぐ外れるトラブルに見舞われていましたが、付け替えたブラケットは外れることもなく順調です。しかし、奥まっている歯を前に引っ張っている最中なので、上下の歯が当たるのがとても気になります(時々痛い)。早くでてきてー。

歯列矯正のよくあるトラブル第一位(だと思われる)「口内炎」は、ありがたいことに全くなし!。舌下にちょっと赤くなっているところがあるけど(たぶんリンガルアーチのせい)、痛くもかゆくもなく。

そういえば、右奥の親知らずが虫歯になりました。親知らずが生えてから15年くらいになりますが、なぜこのタイミングで・・・?

歯列矯正を始めてから、前歯が全く使えなくなり(痛いので)「噛み切る」ことができなくなりました。だからどうしても奥の方で噛むようになるので、今まで出番のなかった親知らずに食べ物がよく当たるようになったのが原因じゃないかなーと思います。

この虫歯、3ヶ月ごとの定期健診では大丈夫だったのに、健診から1ヶ月で矯正歯科で虫歯が発覚。すぐに歯科でみてもらったら結構大きい虫歯になっていました。こええ。幸い、神経まで到達していなかったので、削って詰め物をして一回の治療で終えることができました。

しかし、数ヶ月後、右上の犬歯の裏側に極初期の小さな虫歯を発見!!まだ治療が必要な段階ではないので歯磨きがんばりましょう!といわれましたが、矯正始めるまでの15年くらいノー虫歯だったのに・・・

(ノд・。) グスン

歯並びが変わったせいか磨き残しが多くなってて、なんだか心配で定期健診を2ヶ月後にしました。自分が思ってる場所に歯がない・・・?。鏡を見ながら大口あけて歯磨きしています。


口内環境はちょっと悪くなった気がしますが、それでも歯列矯正してよかった!と思っていることがあります。

それは、歯列矯正を始めたら、頭痛や肩こりがなくなったこと!!

右半身だけが原因不明の痛みに襲われることがよくあって、頭から首、肩、わき下、骨盤、足まで、一直線に痛い。頭痛首こり肩こり筋肉痛で、1日外出すると痛くて起き上がれないのです。次の日まで引きずることも珍しくなく、若干引きこもり状態です。


前にこんなことを書いていたのですが、これ、本当になくなりました。初めて矯正歯科で診てもらった時に「頭痛や肩こりの有無」を聞かれたのですが「毎日です!痛くない日はないくらい!」って答えたら、「歯並びが悪いから顎が変な動きをして無理な力が顎関節にかかっているんだよ。だから顎関節の骨が変形してる」みたいな説明をしてくれました。

確かに下あごを若干前に突き出さないと噛み合わせることができなかったので、今は顎が自然な位置にある感じです。

治療開始時にとった写真みると、よくこんな歯並びで生きてきたなって思います。

歯列矯正って子どもがやるもの、遅くても結婚式までにやるものってイメージだったんですけど、何歳になってもやるべきだと思います。いつも原因不明の体調不良や頭痛肩こりで、鎮痛薬とサロンパスが必需品。何とかしたくて漢方薬を飲んだり運動したりサプリメントを飲んだこともあります。食事を見直してみたりいろいろやりましたがあんまり効果なかったです。若い頃から積み重ねてきた不調がいまになって溢れ出したように毎日が体調不良でした。

歯列矯正を始めて気づいたら頭痛も肩こりもなく、歯並びからきてる体調不良であったとはっきりわかりました。自律神経失調症のような症状も今ではほとんどありません。

見た目だけの問題じゃなく、体調にも大きく関わる歯並び。一見歯並びに問題がなくても、噛み合わせに問題があることもあります。


もっと早く治していたら・・・。辛い年月を過ごさなくて済んだのかなと、思います。



抜歯前。しっかり噛んだ状態。酷すぎですやん・・・(;´Д`)
下の犬歯と犬歯の間に3本しかありませんが、一本内側に倒れて生えてます。

26


Amazon.co.jpアソシエイト
お掃除ロボット。毎日楽しくお掃除してもらっています。


誕生日プレゼントでもらった床拭きロボット






忘年会のビンゴの景品だった掃除機ロボット


Profile
name :りんご

MacBookPro
13-inch, Late 2011
Sierra
2011年10月購入

iMac
21.5-inch, Late 2009
Sierra
Mountain Lion
2009年11月購入

iPhone7
2016年10月購入

iPad 第4世代
2012年11月購入(?)

AirMacExtreme
2012年1月購入

ようこそ、りんご箱へ。
お読みくださり、ありがとうございます。
ただの日記的Logです。個人の感想とか日常の記録的なことしか書いていません。このブログに書いてあったからといって私は何ら責任を負いません。気軽に読み流してください。


昔作成したバナーを発見。見たことある人いるかな?
広告
Amazon.co.jpアソシエイト



記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

プライバシーポリシー
 当ブログ「りんご箱」では広告を利用しており、Googleなどの第三者配信事業者がCookieを使用して、ユーザが「りんご箱」や他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて適切な広告を配信しています。
 Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示します。
 ユーザは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にすることができます。
 また、www.aboutads.infoにアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にすることができます。