写真はともかく、動画を撮るのにiPhoneを両手で持って1分したら腕がぷるぷる・・・。

そんな経験ありませんか?

え?ない?

私はありますよ!!

微妙な高さで持ってないといけないし。頑張って撮っても、画面ががたがたゆれて画面酔いしてお蔵入り。

そこで、検討したのがスタビライザー。

片手に持って走っても、階段を登っても降りても振動しない映像がとれるプロ御用達のアイテム。実際にスタビライザーを使って撮影された映像をみて、「マジホシィ」って思ったんで、まずはamazonに探しに行きました。





これはさすがに、個人で楽しむレベルではありませんね。お値段もすごい。何かの撮影と思われそう。







とても買いやすい値段ですが、使うのにコツがいることと、大きいので持ち運ぶのがめんどくさそうなので却下。





シンプルで使いやすそう。レビューをみると性能もよさそうです。

がいいなと思いましたが、今回は予算との折り合いがつかなかったんで購入を見送りました(オイ)。



実際にはタイトルにもあるように、ミニ三脚を購入しました。

最近人気があるようで、ベストセラー1位です。



このミニ三脚で気に入ったのは、脚を閉じたら手でぎゅっと握って持てるところ。重さが230gなのでスタビライザー(1kg)より軽く、両手でiPhoneを持って撮影するより安定しています。

IMG_2040


こんな風にはさんで使います。上下にゴムがついていて、軽く振ってもがたがたしません。写真はiPhone4ですが、ケース付きのiPhone 7でもはさめます。

IMG_2041


赤い丸をギュッと押し込むと、iPhoneの傾きをかえることができます。一つ注意なのは、iPhoneを縦向きにセットできないことです。縦向きにも使いたい、もっと低い位置にカメラをセットしたいなど、要望の多い人にはこっちのモデル。




iPhoneを挟むところは別売りになっています。セットで買うより別々で買ったほうが少し安いみたいです。




にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ