りんご箱

Mac歴22年。人生の半分以上をMacと過ごしています。

カテゴリ: 英語学習

何度も初めていつのまにか自然終了している英語学習ですが、今度は基礎英語2をはじめてみました。

最近はラジオが無くてもアプリで聞くことができるし、1週間分ストリーミング配信されていて便利です。テキストはkindleで買ってみました。

なんでもそうですが、毎日続けられるかどうかが上達の秘訣。朝9時から30分、夜9時から30分やることにしました。iPhoneのカレンダーに予定を入れておきます。

私、お掃除ブログを見るのが好きなのですが、毎日キッチンを片付けるために、片付けた結果をブログにアップされている方がいます。ずっと散らかったキッチンだったのに、先日30日連続お片づけを達成されていました。だから、私もブログを毎日アップすることで続けられないかなぁ?(^^;

目標は10月の英検で4級を満点で合格できるレベル。実際に受ける予定はありませんが、過去問題に挑戦してみようと思っています。

思って終わりにならないようにがんばります。

さぁ、新年始まって今日で20日目。今年の目標はずばり


1年後に英検2級レベルになってること(受けるとはいってない)


にしました。(`・д・´)


大学では、英語で書かれた論文が読めず、英語で書けず、情けなかった覚えがあります。

大学在学中、フィリピンからの留学生がいまして、彼は、スワヒリ語、英語、日本語を話しました。日本語はあまり得意ではないようでしたが、普通に会話できてました。パニクると英語になっちゃうのですが、それだと私がわからないからって日本語でお願いしてました。彼は

「フィリピンの学校で、3ヶ月、日本語の勉強して日本に来た」

といってました。3ヶ月で、これだけ話せるの?と衝撃を受けました(留学して間もないころだったので、本当に3ヶ月程度)。ちなみに語学学校ではなく、大学の日本語授業のようでした。

「日本でも学校で英語の授業あるでショー。アレといっしょだヨー。」

いやいやいやいやいや、全然違うよ!。日本人の大部分は6〜10年英語の授業受けてても会話できないよ!と熱く語ってみました。



では、本当に3ヶ月で日本語が話せるようになるのか?

なると思います。

次は私の体験談です。

私、大人になってからヴァイオリンを習い始めたのですが(現在は諸事情でお休み中)、本当に初めてヴァイオリンを弾いたのですが、ずっと先生に、怪しまれていました。

本当は初めてじゃないでしょう?って。

1回目のレッスンで、「素人の持ち方じゃないな」
2回目のレッスンで、「ヴァイオリンやったことあるよね?」
3回目のレッスンで、「絶対初めてじゃないよね?」
4回目のレッスンで、「先生怒らないから本当のことを言ってみ?」

まぁそんな感じでしたが、本当に初めてです。ただし、普通の大人とはヴァイオリンを弾いてる時間がかなりちがいました。

毎日毎日4〜6時間くらい弾いてました。付属のCDを聞いて、弾いて、聞いて、弾いて、聞いて・・・。

指の皮が破れました。ちなみにこんなに弾く必要はまったくありません。ただ弾きたくて止まらなかっただけです。

そんなに急いでもってことで毎週1曲ペースでしたが、1ヶ月過ぎる頃には一冊まるごとやってもよいのですよ?レベルになってました。同じ曲ばっかりで暇だったので、最後の曲まで弾いてましたので。

何が言いたいかっていうと、スタートダッシュは重要です。一番やりたいときにそれだけを思いっきりやる!っていうのが上達するコツだと思います。

片付けも同じです。片付けたい!って思ったときに食事と寝る以外はずっと片付けてたほうが早く終わります。


なので、英語も最初の3ヶ月にクウネル以外は全部英語!ってやったほうが絶対上達すると思います。


じゃあなんでまだできないのかっていうと、「やりたい!」って気持ちがわかないんです(泣)。中学生の頃、英語が面白くて教科書まるごと覚えちゃうくらい読み込んだことがあって、あのころは最強でしたね。英語がわからない、なんてことがなかった。あのまま教科書読み続けてればよかったのに、高校で和訳英訳をさせられてすっかり英語嫌いに。

なので、毎日6時間、英語を聞いて読んで聞いて読んでしてたら1ヶ月後には何か変わってるかもなぁと思います。

さあ、できますか?

本当はリスニングの前にやらないといけないのが「発音練習」。人間は知らない音を聞くと知ってる音に変換するらしいです。なので

日本語の「ラ」しかしらないと「Light」「Right」がどちらも「ラぃt」になってしまいます。なので「L」と「R」の音を覚えないといけないのです。

発音できると聞き取れるらしいので、iPhoneのSiriにおつきあい頂いて発音練習してみました。


おお、、、、ちゃんとできてるではないか。他の単語でもやってみましたが、ほとんどできました。「Brew」はなかなか発音できません。bellyとberryはネイティブの音声でも聞き取ってくれませんでした(*;゚;ж;゚;*)ブッ(なぜかBillyになる)


しかしですね、聞き取りはやっぱ難しいです。はっきりわかるときもあれば分かりにくいときもあります。

最近は日本語ですら聞き返すことがありますしね。。。

そういえば「ん」という音。私たちは「ん」は「ん」だろと思っているのですが、実は3つの音があるらしいです!!

外国語上達のカギ!日本人が意識しない、3種類の「ん」の発音 - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2138772688764656301




発音練習サイトで聞いても分からなかったやつ(Siriは聞き取ってくれた)

mountain 「mάʊntn」 
マウンテンではございませんよ。(モntンに聞こえた。)


分かったけど発音自体変わってて驚いたやつ

interesting イナレスティンg 

オンライン辞書で音声を確認したら「intrəstɪŋ」でした。でも会話だとイナになることがあるのかしらね?

今まで何度か有名どころの教材を使って始めては「つまらない」でやめてしまっていたので、

英語絵本

をメイン教材として使っていきます。

使うのはORT(Oxford Reading Tree)です。イギリスの小学校の「教科書」で、日本だと幼児英語教育に使われる結構有名な本です。

私の英語レベル
 

  • 知ってる単語は中学英語程度。文法はSVOCくらい知ってる

  • 英検5級。TOEICは後半適当にマークして300点

  •  


以前にORTで英語やるんだ!といって大枚はたいて買ったのに適当に流し読みしただけだったので、今度はCDを使って「リスニング」「リピーティング」をやってみることにしました。

以前良く読んでいた話はリスニングもリピーティングも一発でOK。でもあまり読んでない話はリピーティングができません。あぁやっぱり口にしてただけあって身体が覚えているんだなぁと一人納得です。

今回はリスニングからリピーティングしたいので(文字から音を拾わない)本を読むことは控えています(絵本なので文字をかくして絵を見るのはOK)。リピーティングできるようになったらCDを聞いて紙にかいて、ちゃんと聞こえた音が合ってるかどうかを確認するのに使っています。合ってたら合格。

ちなみにORTは「絵本」なので、絵を見れば内容が分かる、つまり日本語がなくても理解ができます。CDを聞くと絵本の絵が浮かぶ。すごく便利です(自分でイメージする必要がない)。


今日まちがえたとこ
「It went under a fence」のwentが聞き取れなかった。いっうぇあんだらふぇんす。

「the baby-sitter」のtheがaに聞こえてた。


Stage2
Floppy's Bath
The Baby-Sitter
The Water Fight
Kipper's Ballon
Spots!
Kipper's Birthday
Kipper's Laces
The Wobbly Tooth
The Foggy Day
Biff's Aeroplane
Floppy The Hero
The Chases
The Toy's Party
途中

度々英語熱があがって知らぬ間に冷めるを繰り返してきました。が、最近なんか英語が英語に聞こえなくて

なにかおかしい

と思ったら、どうやら英語からはなれた時間が長くなって英語自体を忘れた様です。

自分の知ってる単語数をおおよそ測ってくれるサイトでやってみたら3400くらいでした。これは高校入試に対応できる程度の単語数です。

えっと最終学歴はもっと上です。えぇ、恥ずかしくてはっきり言えません。

まぁそんなわけで、今度は作戦を練ってから始めることにしました。

使用する教材はDWE(幼児向け)とORT(子ども向け)の英語教材です。お察しの通りかなり簡単です。初めて聞いても理解できちゃう程度です。

しかし、分かるけど、聞いたことと同じように言えるかっていうとできないのですよ。It's an apple. くらいなら余裕ですよ。でもちょっと長いと、え?うん?なんだって?となります。

そんなレベルの私が「音読パッケージ」とかはじめても全然ついていけないのですよ(自宅に有ったのでみてみましたが、とても無理です)。30回聞いてもようやく内容が分かるかもしれない程度で、リピーティングできるようになるまでに相当な時間をかける必要がありそうです。

そりゃトレーニングですから繰り返すことがなにより重要なのはわかりますが、3分しか歩けないのに登山の初心者コースへ入門するようなものです。やってりゃなんとかなるかもしれませんがせめて1時間くらいあるける体力をつけてから入門したいものです。

だって、最初からきついと続かないから。余裕有りまくりの状態からはじめたほうが継続できるはず。

当面の目標はDWEとORTをリピーティングできるようにすることです。

英語の学習に絵本を使っています。といってもまだイギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶしかないので、それを読んでいます。

CDがついてるのでCDを聞きながら本を眺めます。次に一文ずつ聞いて音読していきます。CDと同じように読めるようになったら自分だけで音読します。最後は文字を見なくても読めるように(暗唱)なるまで読み続けます。

暗唱できるようになれば、いちいち本をひらかなくてもいいので、皿を洗っていても掃除していてもOKなので便利です。

ニコ動見ながらはさすがに無理です。

そろそろ他の絵本を購入してみたいのですが、どうやって選んだらいいのかわからないので、絵本を選ぶための本をかってみました。

英語ペラペラキッズ(だけにじゃもったいない)ブックス


中身は白黒です。1ページに2冊の絵本が紹介されています。レベルごとに分かれているので探しやすいです。本のあらすじがあるので選びやすいと思います。内容を表すキーワードも書かれています。



この本には載ってなかったのですが、アマゾンのランキングから2冊絵本をかってみました。

Let's Play


A Color of His Own



2冊ともボードブックです。赤ちゃんや幼児が読んでも破れない厚紙でできてます。私が振り回しても大丈夫です。

色使いが気にいたので選びました。

Let's PlayのほうはORTのStage4くらい、A Color of His OwnはところどころStage6くらいだと思います。前者はすらっと音読できましたが、後者は読めない単語が3つくらいありました。

人気の英語絵本はコチラ

最近かけ流し(聞き流し?)しかしていないりんごです・・・(;´Д`)ウウッ… 。

みなさん、どんな教材を使ってますか?

世の中には英語教材が溢れていますが、どれもこれもしっくりこない・・・。

まず、大人向けの教材は内容が面白いと思えない。N○Kラジオ講座の基礎講座を半年買ったけど、楽しくない。日常会話が繰り広げられ、文法のポイントが学べる素敵な教材だとは思うけど、興味がもてない。せっかくの教材も「よんでみたい!」というキモチになれないと、毎日読めません。

他にもうちにはいろんな英語教材が転がっている。どれもこれも「初めての英語」とか「簡単英会話」とかありきたりなタイトルにありきたりな内容だ。役には立つんだろうけど、毎日読みたいと思えない。

つまり、つまんないから開かない。そして本棚の肥やし。

というわけで、子供向けの教材を探してみることにした。なんたって、子供向けと言うくらいだから、子供がたのしく学べる工夫が満載だと期待したのだ。


結論・・・子供向けの教材は、簡単すぎて必要ない。


大人向けは面白くないし、子供向けは簡単過ぎだし、一体私はどうしたらいいのかとさまよっていると、幼児英語教育によく登場する「ORT」という本に出会った。

ORTはOxford Reading Treeの略で、オクスフォード大学の出版局が出している本だ。この本はイギリスの学校で実際に教科書として使われている本なのだ。

どんな本かというと、なんと「絵本」なのだ。

Stage1から9まであって、最初は文字の無い絵だけの本からはじまって、Stageがあがるごとにちょっとずつ文章が長く多くなっていく。

絵がついているから英文が多少わからなくても十分内容が理解できる。

おまけに、内容がファンタジーらしい(・∀・)ワクテカ。

試しに買ってみたいけど、自分がどのStageから読めるのか分からないし、どうやって選んだらいいのかもよくわからないので、こんな本を買ってみた。

イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ


中身はほとんどが絵本だ。Stage1から7までのお話が1話ずつはいっている。本の最初と最後にORTや多読について書かれている。ORT買ってみたいけど、内容が分かんないと不安、とりあえず読んでみたい、なんて人に最適の本。


ちなみに読んでみた感想は・・・まず、凄く簡単。絵があるので、日本語に訳さなくても理解可能。というか、絵本なので文字なんかなくても理解できます。あっさりStage7までよめました。

ただ、音読してみるとStage4くらいからつっかえるw


1文ずつ紹介。

Stage1 Mum and Dad.
Stage1+ Chip had a drum.
Stage2 Kipper wanted a dog.
Stage3 He put the ladder up.
Stage4 Mum put wallpaper on the wall.
Stage5 Something was glowing inside it.
Stage6 It was about a princess who couldn't laugh.
Stage7 The wind pulled the dragon kite out of Biff's hand.

おもしろいし楽しいので是非全部読んでみたい(*´д`*)ハァハァ



英語が
ただ
で学習できるサイトを教えてもらった。


416162a1.png



かなり(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァな学習を提供してくれる。無料というのも魅力的だけど



Macでも問題なく




動作するのだ。サイト名も見た目も、Macを意識してる感じもする。とても気に入った。


DSは相変わらずドラクエ4が占領しているので英語学習が停滞していたのだが、iKnow!のおかげで英語学習が進むようになったw。


ブログに進捗状況を表示できるタグも配布されているので貼ってみた。Profileの下にあるのでぜひ見てほしい。毎日こつこつやってるので、毎日数値が変わっていきます。


さっき、基礎英語ステップ1のDictationを無理矢理終わらせてみた。かなり疲れて、最後の方はタイプミスの連続でなんとスキルレベルが下がってしまったorz。b, v, c,のタイプミスが目立つ。こんなところでタイピングの弱点を発見してしまった。


ほどほどにしておいた方がいいと思った。(;´ρ`)チカレタヨ・・・。

結局まだドラクエ4をやってますw

本気で差し替えないと、またエンディングをみそうです・・・。

ドラクエをはじめてからは、ほぼ一日中、英語とクラシックを流しています。何も考えてないときは結構聞いてます。


ところで、英語以外の言語を学んだことはないのかといいますと・・・

大学で第2外国語としてドイツ語を選択したのですが、80名ほどのクラスのうち、ドイツ語の未経験者がたったの2名(うち1名は私)。どうなったかというと、いきなり日本語訳させられて、何も分け分からず。答えられなかったら「なぜこんなもんがわからんのだ!」と怒鳴られてしまいました。次の授業には予習をしていったのですが、なんせドイツ語なんて本当にはじめてだったので、結局ついていけず2回目受けてやめました・・・。アルファベットの読み方も分からなかったです・・・。

で、ドイツ語やフランス語にも興味あるのですが、英語も出来ないのになぁと思ってあきらめていました。が、先日、とあるサイトで「ダイソーのCDと本が結構役に立つ」という記述をみて、本日さっそく購入してきました。なんせ100円ですから、失敗しても大したことありません。

ドイツ語、フランス語、ロシア語、ブラジル・ポルトガル語、スペイン語、イタリア語

を購入(買い過ぎw)。

CDと本をセットでかいました。1セット210円*6=1260円。

IMG3678


価格破壊ですなw

ただ、100円だからなのかどうか分かりませんが、ロシア語のCDがなかなかMacでマウントできませんでした。出し入れして5回目くらいに成功。他のCDはこれから取り込みます。。。

ちなみに、CDはだいたい50分くらい。本はカタカナで読みが書いてあるのでCDで聞き取れなくても似たようには発音できます。


このCDの音声をiPodにいれて、英語といっしょに聞き流し♪

メインは英語なので、邪魔にならないように流します。

TOEICの模擬試験を10問だけやってみました。

写真をみて、その内容についていっている英文を4つの中から選ぶというものですが・・・


むずかすぃ・・・orz


英文自体はそんなに複雑じゃないと思いますが、意味が分からない物が結構ありました。辞書をひいてもエキサイトで翻訳してみても、意味がわかりません。ということはちゃんとききとれてない?

う”ーん。

まだまだ修行が必要ですな・・・。


↑このページのトップヘ