今更ながら、MacBookPro 2011 Lateの内蔵HDDをSSDに換装してみました。

OSはmacOS High Sierra10.13.6です。

SSDすごいですね。爆速です。

今まで起動や動作がモタモタとすごく遅くて、CPUが古いからしょうがないなーとおもっていました。CPUさんごめんなさい。

しかもSSDって高級品のイメージだったんですが、驚きのお値段でした。今最安値と言っても過言ではない?



取り替えも検索すればブログや動画がすぐ見つかりますし、特殊なドライバーが必要ですがラジオペンチでとっちゃう強者もいました。私は以前HDDを換装したときに購入したものを使いました。

作業時間は15分もかからないくらい。

そのあと、インターネット経由でOSをインストールし、起動するまで30分でした。1時間もあれば作業終わります。MacBook Proはサーバとして利用する予定のため、移行するデータがないので終わりです。

一応、ESETをインストールしました。Macもずいぶん狙われるようになってきましたからね( -д-)ハァ。

CPUの発熱量が多いみたいで、たびたびファンがうなります。M1・・・いいですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックアップディスクの整理をしていたら、以前バックアップをとった仮想マシンがみつかりました。ファイルサイズが20GBほどしかありません。

今は65GBです。

調べてみたら、Windows7からWindosw10にアップグレードした時の残骸が20GBありました。

vnware_win10


他にも削除しても問題ないものがありましたので全部削除し、その後仮想マシンを小さくしました。

参考にしたのはVMWareのゲストイメージ圧縮方法です。

作業前に仮想マシンをバックアップしておきます。

仮想マシンを起動して、コマンドプロンプトで実行します

C:\Program Files\VMware\VMware Tools\VMwareToolboxCmd.exe disk shrink C:\

Macからファイルサイズを確認すると、22GBほどになりました。40GB近くSSDを無駄に占拠されていました。あほらしい。

仮想マシン上でデータが増える(使用領域が増える)と、仮想マシンのファイルサイズが大きくなっていきます。しかし、仮想マシン上でファイルを削除しても、増えた分が減りません。なのでどんどん大きくなって内蔵ストレージを圧迫します(´;ω;`)。

定期的に上記コマンドを実行する必要がありそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

りんごです。

*以下、ダウンロード版でのお話です。

うちにはSwitch1台とSwitch Lite2台があります。

同じ家に住む家族なのに、同じゲームを複数買うのもなんかアレですよね。

同時に起動できないのかなと検索してみたら、できる派とできない派が存在しました。

結論はできますが、いくつか条件があります。


switch2台同時に起動


別に怪しい裏技ではありません。

ゲームを買ったユーザはどの本体でもゲームができます。

他のユーザはゲームを買ったユーザの「いつもあそぶ本体」でしかゲームができません。
言い換えれば、他のユーザはゲームを買ったユーザの「いつもあそぶ本体」ならゲームができます。

いろいろ説明されててすごくわかりにくいことが多いですが、やることは

ゲームを買ったユーザの「いつもあそぶ本体」を
ゲームを買ってないユーザが使用するSwitchに設定する。


わかればなーんだ当たり前じゃんってことでした。


注意点は、
毎回ゲームが使えるかチェックされるのでWiFiが必須です。
2台までしかできません。
ローカル通信では一緒にプレイできません。
(Nintendo Onlineに加入しインターネット通信すれば一緒にプレイできます)。


我が家の環境で試したことなので、自己責任でお試しください(*・ω・)ノ
このエントリーをはてなブックマークに追加

私のMacBook Air2018は、内蔵SSDが256GBです。クラウドやNAS、外付けHDDを活用すればそんなに容量に困らないはず・・・でしたが、実際は困ってばかりです。

先日、久しぶりにiOSアプリでも作ってみるか〜とXCodeをダウンロードしようとしたら、

容量が足りません!

と怒られました。

ホームフォルダのサイズを確認してみますと、
 仮想マシンが65GB
 写真データが65GB
 ライブラリが42GB(Mobile Documents 16GB、Messages 16GB、その他)

まさかのライブラリが42GBで驚きです。Mobile DocumentsはiCloud Driveの中身のようです。iCloud Driveで雲のマークがついているものはローカルにないと思っていたのですが、実際にはローカルに存在します。

というわけでカツカツです。写真をNASに追い出すしかありませんが、アップルはフォトライブラリをNASに置くことを奨励していません。。。実体(写真データ)をNASにおいて、ローカルにはカタログデータだけ置く、というのがいいのかも。

めんどくさいっすなー('д` ;)

ステイホームですし、ぼちぼちやってみようかと思います。

MacからNASヘのコピーが劇遅問題



小さいサイズのファイルが大量にあると、コピー速度は亀より(?)遅いです。フォトライブラリはエラーになってコピーが完了しません。12000枚くらいなんだけど。

解決策はアーカイブすること。一つのファイルとみなされて結構な速度でコピーされていきます。しかし問題が2点。

*アーカイブすると同じだけの空き容量がいる。65GBのフォトライブラリなら65GB以上の空き。
*アーカイブする時間がかかる。

ぐぬぬ・・・・

次にMacかうときは512GBにしよ・・・。
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつのまにかライブドアブログがSSLに対応していたので、設定しました。これで安全じゃないって言われずに済みますな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ