りんごです。

私はこれまで写真や音楽などのデータを全て内蔵ストレージにいれて、まるごとTime Machineでバックアップを取る、という運用方法をとってきました。

この方法の最大のメリットはバックアップが簡単なこと。そしていつでもどのデータにもアクセスできるのです。

Macを買い替えるたびに内蔵ストレージは大きくなっていったので何も問題なかったのですが、MacBook Airに買い換えた時、1TB(MacBook Pro2011)から256GBになってしまったのです。512GBあればよかったのかもしれませんが、予算の関係もあってメモリーを増やすことを優先しました。その結果、全てを内蔵ストレージにいれておけなくなったのです。


内蔵ストレージに入りきらないデータを、外付けHDDに移動させたけど・・・



内蔵ストレージには「写真ライブラリ」を入れておきたかったので、それ以外のものを移動させました。

移動させたもの
*iTunesライブラリ
*ビデオカメラでとったサイズの大きい動画ファイル。
*The Simsのゲームデータ。
*The Sims3のアプリケーション本体と拡張データ。

なお、写真ライブラリは125GBありました。システムが60GB、iOSデバイスのバックアップファイルがアホみたいに大きく(4台分で合計60GB)、もうぎりぎりパンパンでかろうじて入ったって感じで当然ですがシステムが不安定になります。。。

しかし、iOSデバイスのバックアップファイルは、コピーを取るのは大丈夫ですが移動させるのはダメみたいで、内蔵ストレージに置かないといけません(シンボリックリンクで外付けHDDに置くことも可能みたいですが)。

外付けHDDにデータを置くデメリット



外付けHDDって設置がめんどくさいんですよね。iMacのように決まった場所に置いてあるなら外付けHDDも置いておけばいいけど、普段はダイニングテーブルの上で使うのでずっと置いておけません。

そしてこの方法だと、外付けHDDのバックアップを取る手段がありません。ここが一番の問題でした。


引退したはずのMacBook Pro 2011を持ってくる



とりあえずiOSデバイスのバックアップファイルだけでも追い出そうと、MacBook Proでバックアップを取ることにしました。せっかく新しいMacを買ったのによくわからないなと思いながらとりあえずバックアップファイルをMacBook Airから追い出すことに成功。

ここでMacBook ProがまだSierraのままだったことを思い出し、High SierraにアップグレードしようとするもVMWareが未対応のため中止しました。しかし現行OS(Catalina)の前(Mojave)の前(High Sierra)の前(Sierra)なので、今のところセキュリティアップデートは来ていますがやはり古い感じがします。

引退したはずのiMac 2009を持ってくる



iMac 2009はMacBook ProのTime Machine用として活用していました。ネットワーク越しにバックアップできるって便利ですよね。macOS Serverを使っていましたが、High SierraはOSの機能として共有フォルダでTime Machineが使えるのでmacOS Serverの使用はやめました(アップデートできなくて起動すらしなくなりましたしね・・・)。

iMac 2009をHigh Sierraにアップデートし、共有フォルダを設定。Time Machineも設定。MacBook Airのファイルサーバ、Time Machineとして再び働くことになりました。

結局こうなった



iMacに写真ライブラリ以外のデータを置く、MacBook AirのTime Machineのデータを置く。iMacの内蔵HDDをiMacにつないだ外付けHDDにTime Machineでバックアップを取る。

MacBook Air 〜〜〜 iMac =外付けHDD

MacBook Airに詰め込まなくていいし、データのバックアップも取れるし、理想の環境になったと思います。

でも、結局内蔵ストレージの大きなMacがないと実現できなくて、SSDになって快適にはなりましたが私的には不便で仕方ありません。NASも検討しましたがバックアップの取り方がわかりませんでした。

iMac 2009はHigh Sierraが最後のOSなのと、すでに10年経っていることから壊れたらどうしようって感じです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ新製品の発表が予定されていますね。そんな時期にApple製品を買うのは発表があることを知らない一般人くらいじゃないでしょうか。

あえてこの時期に買いました。

iPhoneSE

3年ほどiPhone7を使ってますが、iPhopeSEの手にぴったりのサイズと程よい重さは癖になります。

新品のiPhoneSEを手に入れる方法


すでにAppleStoreではiPhoneSEを購入できませんので、MVNOが販売しているものを買います。今回私が購入したお店は

Goo simseller(検索したらすぐ出ます)

OCNモバイルONEの音声シムとのセット販売品です。こちらのiPhoneSEは「海外版」。カメラのシャッター音がしないので一部の方に好まれています。

Goo simsellerからiPhoneSEの申し込みをして、同時にOCNの音声シムの申し込みもしました。注文日の翌々日にとどきました。

電源が入らない


急ぎ欲しかったわけじゃないのですぐに開けなかったのですが、初期不良の可能性もあるので開けて電源をいれてみました。

なんと、起動しません。

一瞬Appleロゴがでて電池マーク。そして消える。数回試してもだめだったので、初期不良と確信しGoo simsellerの問い合わせフォームで連絡しました。

Appleサポートへ問い合わせ


Goo simsellerの楽天市場店のレビュー内容に不安を感じて、Goo simsellerから返事が来る前にAppleサポートへ連絡しました。

AppleStore以外で買ったiPhoneでも、初期不良の対応をAppleでしてもらえることを知りました。おかしいとおもったらすぐAppleサポートに相談すると解決策を教えてくれます。

Appleサポートに症状を伝えると、復旧の手順を教えてくれました。それで復旧すれば初期不良には当たらず、しばらく様子を見ることになるのですが、結局起動しなかったので言われた通りに修理を予約しました。

その後、Goo simsellerから来た返事は「Appleに聞いてくれ」でした。やっぱりか。

メールの一部分です。

ご注文商品のご購入後のサポートにつきましては、
すべてAppleで行っており、当店にて症状の診断や
不具合時の対応を行うことがいたしかねます。

また、ご購入いただきました商品につきましては
Apple Inc.の1年間のハードウェア保証の対象でございます。

保証範囲での対応が可能かにつきましては、Appleでの
診断となります。また、保証範囲での対応が可能との
診断があった場合Appleでの対応になるかと存じます。
恐れ入りますが、当店では商品発送後の交換を行っておりません。


衝撃の事実が!


AppleStoreではすぐに症状を確認して、交換してくれました。

が、ここで重大な事実が発覚します。

購入日から1年あるはずのメーカー保証が、9ヶ月ほどしか残ってません。

MVNOで買うと「よくあること」だそうです。

Apple Inc.の1年間のハードウェア保証の対象でございます。
とは言ったが、保証期間が丸1年あるとは言っていない、ってことですね。

新品で購入したはずなのに、「未使用の中古品」ってわけです。

AppleStoreの人に「保証期間残っててよかったですね」って言われました。メーカー保証期間が切れていてどうにもならない場合もあるそうです。未使用中古品を売った側が交換に応じないことも多いようで、今回は運が良かったと言えます。

ひどいことになりがちなのは「ワ*モバ*ル」だそうなのでお気をつけください。

電源の入らないものは出荷前にはじかれるので、AppleStoreで購入すればまず出会わない症状だそうです。やはり安いものにはリスクがつきもの。今後は絶対買わないです。

交換品は日本国内販売のiPhoneSE!


Appleでの販売は終了していますが、こういう場合に備えて「交換用在庫」が用意されているそうです。このため今回のiPhoneSE海外版がなんと、

「日本国内で販売されていたiPhoneSE」に生まれ変わりました!間違いなく新品です。

本来なら手に入らないものがAppleStoreで手に入るとは、私はとても運がいい!

MVNOが販売するiPhone海外版には注意しよう


製造が2017年、購入日が2019年6月になっていた今回のiPhoneSE海外版。どこでどのように保管されていたのかもわからないし、なぜ購入日が3ヶ月も前になっていたかもわかりません。わかるのは、少なくとも一度はAppleから誰かに買われたことと、モデル番号からからベトナム版であったこと。Goo simsellerの楽天市場店のレビューをみれば、問い合わせるだけ無駄だとわかりますので、今回はこれで終わりとします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

70代の父親が、防災無線からながれてくる「尋ね人(行方不明の高齢者)のお知らせ」を聞くたびに、自分もそのうち家に帰れなくなるんじゃないかと心配するようになりました。

自分の位置情報を家族が把握できるようにしたいとの希望だったので、いくつか候補を挙げてみました。

1. GPS専用端末(GPSbot)を持つ

 メリット:本体も毎月の費用も安い。小さい。簡単。移動した経路がわかる。

 デメリット:位置情報をリクエストできない。
       動くと位置情報を送信するため、よく移動するとバッテリーの減りが早い。
       小さいとはいえ荷物が一個増える。

2. iPhoneを持つ

 メリット:位置情報がリクエストできる。10秒程度で確認できる。
 デメリット:初期費用が高い。端末が大きい。トラブル時に自分で対応できない。
       使いこなせるか心配だ。

3. 安スマホを持つ

 メリット:安い。位置情報がリクエストできる。
 デメリット:位置情報取得に時間がかかる(失敗することも)。
       位置情報端末としてもつには邪魔。トラブル時に家族が誰も対応できない。

4. 今持ってるガラケーのGPSを使う

 メリット:荷物が増えない。
 デメリット:同じキャリアの携帯を持ってる人がいないので、費用や手間がかかりすぎ。



手っ取り早く導入できるのが1だったので、今回はGPSbotを使ってみることにしました。理想はiPhoneかな。


購入から導入まで


amazonで購入しました。どこで購入しても値段は同じらしいです。4月ごろは電力会社等で千円くらい値引きのキャンペーンをやってました。少しでも安く手に入れたいならキャンペーンを狙うのもありですね。



専用ケースではありませんが、AirPodsのケースがきつめだけどぴったりということで一緒に購入しました。ぐいぐいと押し込むとケースが少し変形しますが、蓋が閉まる所まで押し込みました。ケースの下部に穴が空いていて、GPSbotを取り出さずに充電ができます。GPSbotをいれる向きを間違えないように注意しましょう。




設定に関しては拍子抜けするくらい簡単です。検索すればいくらでも出てくるのでここでは割愛します。

実家へGPSbotを宅急便コンパクトで送る


クロネコさんに配達をお願いしました。GPSbotは充電して現在地が表示されている状態です。どこの道を通って配達されるのかなと、少々楽しみにしていました。

家の近くのクロネコ営業所にずっと表示されていて、時折位置情報が更新されました。たぶん荷物を移動させていたのでしょう。夜中0時すぎてもそのままで、結局トラックが移動を開始するより前に寝てしまいました。GPSbotは移動履歴が見られるので翌朝確認してみると、なんと一気に他県に移動していました。100km/hを超えると更新されないようになるそうなので高速道路上では記録されないとは思いますが、営業所から高速道路までは記録されそうなのに・・・荷物がたくさんつまってて電波が届きにくかったのかもしれません。

他県に到着してからは下道を移動していたからかどの道を通ったかだいたいわかる程度に記録がついていました。実家近くのクロネコ営業所に到着し、数時間保管されていました。そこから配達に出発し実家に到着するまで見続けましたがちゃんと表示されていました。

位置情報の精度と更新


朝から夕方までいろいろ移動していましたが、一度だけ動かなくなりました。こうなるとこちらからできることは何もないので見守るしかありません。実際は3分ほどで移動できる距離なのに40分後くらいに自宅に到着したと通知が来ました。電波状況が悪かったのか、GPSbotが位置情報送信を怠っていたのか・・・ユーザからはわかりません。やはりリクエスト機能は欲しいですねぇ。

建物内にいると位置情報の精度が落ちますが、行くお店はわかってるのでその付近に留まっていればわかります。大きくずれているところはありませんでした。

バッテリーの減りが結構早い


思ったよりあちこち移動するのでGPSbotが休む暇がありません。バッテリー優先モードにしていますが1日で50%になったので二日は厳しいかもしれません。。また、振動を感知しているのか、自宅にいながら数分おきに移動履歴が更新されます。私の家で充電していた時にはずっとスリープしていたので、充電場所(保管場所)の問題かな。毎日充電しないとダメかもしれません。

一番手間取ったこと


母も70代です。母のiPhoneに、GPSbotのアプリをインストール、ユーザ登録、ログイン等の操作をするようメッセージアプリを使って指示しましたが、これに時間がかかりました。40分ほどかけてようやく登録完了しました。自分でやったら5分もかからず済む話です。。。

居場所がわかる安心感


高齢者だし、やはり居場所は確認できる体制にしておきたいですね。自分たちで探すにしろ警察に助けを求めるにしろ、居場所が特定できたほうが無駄がないですから。
このエントリーをはてなブックマークに追加

job_internet_provider


フレッツ光を解約


NTT西日本からNTT東日本エリアに引っ越したので、フレッツ光を解約しました。エリア外に転居の時は新居の住所を伝えると違約金が発生しません。解約連絡の時に教えてもらえます。

プロバイダは自分で解約するように念を押されます。しかし私はメールアドレスを使っていたのでそのままにしておきました。

OCNから解約通知ハガキが届く


3/20頃フレッツを解約したところ、4/2付けでOCNから解約通知ハガキが届きました。手元にとどいたのは4/6頃です。旧住所宛に発送されており、郵便局の転送処理で少し日数がかかったようです。

内容は、

1.このまま解約でよければ連絡不要。フレッツの解約連絡があった月に自動解約。
2.継続利用希望の場合。プラン変更が必要。

OCNサービス解約に伴う注意事項もあります。

利用期間が2年未満の場合、2年割契約中の場合にそれぞれ違約金が発生します。今回は2年割の方にひっかかったのかもしれませんが、この解約通知ハガキだと違約金や解約日は分かりません。詳しくはお問い合わせくださいってことなのかな。

メールアドレスはどうなったのか


4/9頃にログインできなくなり届いていたメールは全部なくなりました(ログイン不可)。多分6、7年利用していたと思いますが、メールアドレスがなくなることは久しぶりの経験です。不要なメールばかりだったのでなくなっても全く困りませんが、IMAPのメールってどうやってローカルに保存するんだろ??といった疑問が残りました。

フレッツを解約したら必要な人はプラン変更を


ハガキが旧住所宛だったことから、郵便局で転居届をだしていないと解約されることを知らずに解約される事態になります。手続きはお早めに。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、りんごです。

先日、妹が「MacとiPhoneでAirDropできない」と困っておりました。検索したのですが答えが見つからなかったそうです。うちのブログでこの話題で三年くらい前に記事書いたんだけどな・・・(;´Д`)。どうやら記事の品質が悪くて検索に引っかからないようですな。

AirDropが使えるシステム条件があります


Macの方は2012年以降、Yosemite以降がポイントです。iOSのバージョンは7以降です。
AirDrop のシステム条件
Mac と iPhone、iPad、または iPod touch との間で共有するには、以下のいずれかのデバイスとオペレーティングシステムが必要です。
OS X Yosemite 以降を搭載した 2012 年以降発売の Mac (Mid 2012 の Mac Pro を除く)
iOS 7 以降を搭載した iPhone、iPad、または iPod touch
Mac で AirDrop を使う - Apple サポート

Macの製造年を確認します。画面左上アップルマークを押すと表示される「このMacについて」で確認できます。これは私のMacBook Airのものです。
スクリーンショット 2019-02-07 10.20.25


2011年より前のモデルのMac(例:MacBook Pro 2011 Late)は「iOS端末とMacのAirDrop」はできないのです。

これは2011年より前のモデルに搭載されているBluetoothのバージョンが低いことが原因です。ハードウェアの問題なのでどうにもなりません。どうにかしようと頑張った記録はこちら。

MacBook Pro Late 2011でBluetooth 4.0 LEを使おう


条件を満たしているのにAirDropできない時


Mac, iPhone, iPadでAirDropが「連絡先のみ」か「すべての人」になっているか確認します。
*iPhone, iPadでは、設定アプリ>一般>AirDrop内で設定できます。
*MacはFinderを開いてサイドバーからAirDropを選択し、このMacを検出可能な相手で設定できます。サイドバーにない場合は、デスクトップをクリック、移動メニュー>AirDropで表示できます。
スクリーンショット 2019-02-07 10.30.55


どうしてもできない時は再起動するとあっさりできたりするのでオススメです。

AirDropにはWiFiとBluetoothが必要なので両方ONにしてください。インターネットは不要です。これも読んでみてね。
MacとiPhone間でのAirDropはWiFiがなくても使えるのか?

2011年以前のMacと2012年以降のMacでAirDropしたい時


MacBook Pro 2011とMacBook Air 2018との間でAirDropするときは少し違った手順になります。

Finderを開いて、サイドメニューからAirDropを選択し、右下の「お探しの相手が表示されませんか?」をクリック。古い機種のMacを検索を押します。
スクリーンショット 2019-02-06 12.15.02


見つかりました。
スクリーンショット 2019-02-06 12.16.34


時々見つからないことがありますが、Finderを閉じて開き直してみたりしばらく待ったりすると表示されます。

Mac同士の場合のシステム条件はこれ。

2 台の Mac コンピュータ間で共有するには、両方のコンピュータが以下のいずれかのモデルであることが必要です。
Late 2008 以降の MacBook Pro。ただし MacBook Pro (17-inch, Late 2008) は除く。
Late 2010 以降の MacBook Air
Late 2008 以降の MacBook。ただし MacBook ホワイト (Late 2008) は除く。
Early 2009 以降の iMac
Mac mini (2010 年中期以降に発売されたモデル)
Early 2009 (AirMac Extreme カード付属モデル) および Mid 2010 の Mac Pro
iMac Pro (全モデル)

Mac で AirDrop を使う - Apple サポート

使いたい機能が使えない時は、システム条件の確認から


無駄な時間を使わなくて済みます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ