いつのまにかライブドアブログがSSLに対応していたので、設定しました。これで安全じゃないって言われずに済みますな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

*あくまでも私にNASが合わなかっただけです。あしからず。


日々増え続ける写真や動画、iOSのバックアップを入れておく場所が欲しくて、NASを購入しました。



私はしのろじさんと呼んでいます。

私は根っからのアップル信者ですので、他所の製品は基本的には買いません。しかしアップル製品は高いし、ファイル置き場にするにはもったいないかなと思ったので、今回は数万円のNASを買ってみました。

Twitterで仲良くしてくれるRさんのアドバイスのもと、

*本体:Synology DS220j
*HDD:Western Digital Blue 4TB

を購入しました。本来であれば、HDDはBlueモデル(PC用)ではなくRedモデル(NAS用)を選ぶべきでしたが欠品しており、しばらく待ってみましたが入荷されなかったのでBlueを買いました。24時間365日連続運用なら間違いなくRedですが、私的には時々使おうかなという感じなのであまり気にしていません。

HDDが2台入るモデルなので、もう一台追加すると自動でRAID1を構成してくれるらしいです。

あと、NAS自体のバックアップが必要なので

*ハードディスクケース
*HDD:Seagate 4TB

を購入しました。過去にSeagateには酷い目に遭わされましたが現在はまともになったそうなので買ってみました。

ここまででザックリ4万円ほど。

導入時に困ったのは「find.synology.com」で本体にアクセスできなくなったこと。「ホスト名.local:5000」でアクセスできると教えてもらいました。「find.synology.com」一番最初にLANに繋いだ時にしか使わないのかもしれません。

NASど素人の私ですら、ちょっとつまづく程度で導入できるので、非常に使いやすい製品だと思います。また、設定方法も検索するとたくさん出てくるのでほぼ困ることがありません。ただ、パッケージが、DS220jが新しい製品だからか、前モデルでは存在していたものがなかったりするので、せっかく見つけた情報が使えないこともよくあります・・・。

Macからしのろじさんへのコピーが劇遅問題



早速、MacBook AirにUSBHDDを繋いでデータをコピーし始めたのですが、遅すぎてお話になりません。これはしのろじさんの問題ではなくMacのFinderが原因らしいのですが、大きいサイズのファイルが1つなら早いのですが、小さいサイズのファイルを大量にコピーしようとするとめちゃくちゃ時間がかかる上に失敗する確率が高いです。NASではなくMacであれば直接繋いでコピーできるのですが、しのろじさんでそれができるかどうかよくわからなかったのです。少しずつコピーしてなんとかしようと頑張りましたが、しのろじさんに最初の異変が起こりました。

しのろじさんから反応がない



NASって大量のデータをやり取りできるものだと思っていたので、ガンガンファイルをコピーしまくっていたら、しのろじさんの管理画面が反応しなくなりました。アクセスできずログイン画面が表示されません。しかし本体は黄色いアクセスランプが点滅しているので何かの作業中のようです。何もできなくなり、仕方なく処理が終わるのを待ちました。この時は2時間くらいでアクセスできるようになりました。

iOSのバックアップファイルを転送したり削除したり



ファイル操作はMacで行うので、MacBook AirからiPhoneのバックアップファイルをしのろじさんにコピーしました。前回は数時間かけてコピーしたのですが、今回はRさんのアドバイス(.DS_Storeを読み込まない)のおかげで14GBが40分でコピーできました。そして古いバックアップファイルを削除したり移動させたりして片付けをしていました。これでファイルのコピー問題が解決したと思いました。

Momentsアプリでバックアップが進まない



これも大量の画像ファイルが原因なのか、バックアップがなかなか進みません。転送速度の問題ではなく処理がおいついていないのかとおもって管理画面で確認しますが、CPU使用率は30〜50%、RAMは50〜70%ほどで余裕はあるように見えました。

しのろじさんからの反応がなくなる



そしてついにしのろじさんからまた反応がなくなりました。前回同様処理が終わるのをまってみましたが、すでに6時間くらいアクセスランプは点滅しているだけで管理画面が開かない、共有フォルダにアクセスできない状態です。

本体かHDDが初期不良なのか、こんな状態では全然使い物になりません。

正常なのか異常なのか区別ができない



最後にみたステータス画面では正常に動作していました。処理が重すぎて反応がないのか、フリーズしてるのかすらわかりません。遅くてもいいから管理画面くらい出してくれないとシャットダウンもなにもできません。HDDなので突然の電源OFFは故障の原因になるし、どうしたらいいのかわからないです。24時間たってもアクセスできなかったら電源切るしかないのかな・・・。

やっぱりアップル製品ですかね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2年前にうちに来たブラーバ ですが、ほぼ毎日フローリングのお掃除をしてもらっています。



最近、タイヤがつるつる滑るようになってしまって、壁際が掃除されなかったり、微妙な高さ(入れない)の家具に突っ込んだまま前にも後ろにも下がれないなど、不具合が発生しておりました。

ちっとも掃除が終わらないのです。

そこで、タイヤを修理することにしたのですが、メーカーに出すととても高い(らしい。某ブログではバッテリー&タイヤ交換で18000円ほどでした)。タイヤを修理といっても、周りの「スポンジゴム」の部分を取り替えれば良さそうなので、部品を探してみました。

検索してみると、自分で修理している人はamazonで売ってる部品(2000円ほど)を使っているようでした。

他に何かないかなーとさがしていたところ、似たような商品を見つけました。



これはドアや窓などのスキマを埋めるテープです。片面にテープがついているので、わざわざ接着剤を用意する必要がありません。ちょうど幅1.5cmのものがあったので、厚さ2mmのものを購入しました。

ブラーバ のタイヤについているスポンジゴムを外し(引っ張ると剥がれます)、ウェットティッシュで残った糊を拭き取ります。スキマテープを引っ張らないようにタイヤにくっつけていきます。外したスポンジゴムと同じ長さにしたのに余りましたので、引っ張らないようにというより詰める感じで貼った方がいいのかもしれません。

早速付け替えて試運転。

しかし、段差が超えられないのと、コツコツと固い音がします。横からタイヤをみてみたら、スキマテープがブラーバ の重さで潰れて、タイヤ本体が床にくっついていました。

スキマテープの厚さがたりなかったようです。

重ねてはってみたところ、しっかりくっついたので左右とも二重に巻きました。

段差も楽に超え、コツコツ音もしなくなり、横から見たらタイヤ本体は床から離れていてスキマテープだけが床につく状態になっていました。

よって、2mmではなく厚さ4mmの方がいいと思われますが、残念ながら4mmはなさそうなので、この商品をつかうなら重ねばりになります。

ちなみにブラーバ からはがしたスポンジゴムは3mmでした。潰れたり減った分が1mmほどと考えれば4mmは必要かもしれませんね。

まだドライモードでしかつかっていないので、ウェットモードでは未確認です。

微妙にほこりっぽかった部屋が久しぶりにピカピカになりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

りんごです。

私はこれまで写真や音楽などのデータを全て内蔵ストレージにいれて、まるごとTime Machineでバックアップを取る、という運用方法をとってきました。

この方法の最大のメリットはバックアップが簡単なこと。そしていつでもどのデータにもアクセスできるのです。

Macを買い替えるたびに内蔵ストレージは大きくなっていったので何も問題なかったのですが、MacBook Airに買い換えた時、1TB(MacBook Pro2011)から256GBになってしまったのです。512GBあればよかったのかもしれませんが、予算の関係もあってメモリーを増やすことを優先しました。その結果、全てを内蔵ストレージにいれておけなくなったのです。


内蔵ストレージに入りきらないデータを、外付けHDDに移動させたけど・・・



内蔵ストレージには「写真ライブラリ」を入れておきたかったので、それ以外のものを移動させました。

移動させたもの
*iTunesライブラリ
*ビデオカメラでとったサイズの大きい動画ファイル。
*The Simsのゲームデータ。
*The Sims3のアプリケーション本体と拡張データ。

なお、写真ライブラリは125GBありました。システムが60GB、iOSデバイスのバックアップファイルがアホみたいに大きく(4台分で合計60GB)、もうぎりぎりパンパンでかろうじて入ったって感じで当然ですがシステムが不安定になります。。。

しかし、iOSデバイスのバックアップファイルは、コピーを取るのは大丈夫ですが移動させるのはダメみたいで、内蔵ストレージに置かないといけません(シンボリックリンクで外付けHDDに置くことも可能みたいですが)。

外付けHDDにデータを置くデメリット



外付けHDDって設置がめんどくさいんですよね。iMacのように決まった場所に置いてあるなら外付けHDDも置いておけばいいけど、普段はダイニングテーブルの上で使うのでずっと置いておけません。

そしてこの方法だと、外付けHDDのバックアップを取る手段がありません。ここが一番の問題でした。


引退したはずのMacBook Pro 2011を持ってくる



とりあえずiOSデバイスのバックアップファイルだけでも追い出そうと、MacBook Proでバックアップを取ることにしました。せっかく新しいMacを買ったのによくわからないなと思いながらとりあえずバックアップファイルをMacBook Airから追い出すことに成功。

ここでMacBook ProがまだSierraのままだったことを思い出し、High SierraにアップグレードしようとするもVMWareが未対応のため中止しました。しかし現行OS(Catalina)の前(Mojave)の前(High Sierra)の前(Sierra)なので、今のところセキュリティアップデートは来ていますがやはり古い感じがします。

引退したはずのiMac 2009を持ってくる



iMac 2009はMacBook ProのTime Machine用として活用していました。ネットワーク越しにバックアップできるって便利ですよね。macOS Serverを使っていましたが、High SierraはOSの機能として共有フォルダでTime Machineが使えるのでmacOS Serverの使用はやめました(アップデートできなくて起動すらしなくなりましたしね・・・)。

iMac 2009をHigh Sierraにアップデートし、共有フォルダを設定。Time Machineも設定。MacBook Airのファイルサーバ、Time Machineとして再び働くことになりました。

結局こうなった



iMacに写真ライブラリ以外のデータを置く、MacBook AirのTime Machineのデータを置く。iMacの内蔵HDDをiMacにつないだ外付けHDDにTime Machineでバックアップを取る。

MacBook Air 〜〜〜 iMac =外付けHDD

MacBook Airに詰め込まなくていいし、データのバックアップも取れるし、理想の環境になったと思います。

でも、結局内蔵ストレージの大きなMacがないと実現できなくて、SSDになって快適にはなりましたが私的には不便で仕方ありません。NASも検討しましたがバックアップの取り方がわかりませんでした。

iMac 2009はHigh Sierraが最後のOSなのと、すでに10年経っていることから壊れたらどうしようって感じです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ新製品の発表が予定されていますね。そんな時期にApple製品を買うのは発表があることを知らない一般人くらいじゃないでしょうか。

あえてこの時期に買いました。

iPhoneSE

3年ほどiPhone7を使ってますが、iPhopeSEの手にぴったりのサイズと程よい重さは癖になります。

新品のiPhoneSEを手に入れる方法


すでにAppleStoreではiPhoneSEを購入できませんので、MVNOが販売しているものを買います。今回私が購入したお店は

Goo simseller(検索したらすぐ出ます)

OCNモバイルONEの音声シムとのセット販売品です。こちらのiPhoneSEは「海外版」。カメラのシャッター音がしないので一部の方に好まれています。

Goo simsellerからiPhoneSEの申し込みをして、同時にOCNの音声シムの申し込みもしました。注文日の翌々日にとどきました。

電源が入らない


急ぎ欲しかったわけじゃないのですぐに開けなかったのですが、初期不良の可能性もあるので開けて電源をいれてみました。

なんと、起動しません。

一瞬Appleロゴがでて電池マーク。そして消える。数回試してもだめだったので、初期不良と確信しGoo simsellerの問い合わせフォームで連絡しました。

Appleサポートへ問い合わせ


Goo simsellerの楽天市場店のレビュー内容に不安を感じて、Goo simsellerから返事が来る前にAppleサポートへ連絡しました。

AppleStore以外で買ったiPhoneでも、初期不良の対応をAppleでしてもらえることを知りました。おかしいとおもったらすぐAppleサポートに相談すると解決策を教えてくれます。

Appleサポートに症状を伝えると、復旧の手順を教えてくれました。それで復旧すれば初期不良には当たらず、しばらく様子を見ることになるのですが、結局起動しなかったので言われた通りに修理を予約しました。

その後、Goo simsellerから来た返事は「Appleに聞いてくれ」でした。やっぱりか。

メールの一部分です。

ご注文商品のご購入後のサポートにつきましては、
すべてAppleで行っており、当店にて症状の診断や
不具合時の対応を行うことがいたしかねます。

また、ご購入いただきました商品につきましては
Apple Inc.の1年間のハードウェア保証の対象でございます。

保証範囲での対応が可能かにつきましては、Appleでの
診断となります。また、保証範囲での対応が可能との
診断があった場合Appleでの対応になるかと存じます。
恐れ入りますが、当店では商品発送後の交換を行っておりません。


衝撃の事実が!


AppleStoreではすぐに症状を確認して、交換してくれました。

が、ここで重大な事実が発覚します。

購入日から1年あるはずのメーカー保証が、9ヶ月ほどしか残ってません。

MVNOで買うと「よくあること」だそうです。

Apple Inc.の1年間のハードウェア保証の対象でございます。
とは言ったが、保証期間が丸1年あるとは言っていない、ってことですね。

新品で購入したはずなのに、「未使用の中古品」ってわけです。

AppleStoreの人に「保証期間残っててよかったですね」って言われました。メーカー保証期間が切れていてどうにもならない場合もあるそうです。未使用中古品を売った側が交換に応じないことも多いようで、今回は運が良かったと言えます。

ひどいことになりがちなのは「ワ*モバ*ル」だそうなのでお気をつけください。

電源の入らないものは出荷前にはじかれるので、AppleStoreで購入すればまず出会わない症状だそうです。やはり安いものにはリスクがつきもの。今後は絶対買わないです。

交換品は日本国内販売のiPhoneSE!


Appleでの販売は終了していますが、こういう場合に備えて「交換用在庫」が用意されているそうです。このため今回のiPhoneSE海外版がなんと、

「日本国内で販売されていたiPhoneSE」に生まれ変わりました!間違いなく新品です。

本来なら手に入らないものがAppleStoreで手に入るとは、私はとても運がいい!

MVNOが販売するiPhone海外版には注意しよう


製造が2017年、購入日が2019年6月になっていた今回のiPhoneSE海外版。どこでどのように保管されていたのかもわからないし、なぜ購入日が3ヶ月も前になっていたかもわかりません。わかるのは、少なくとも一度はAppleから誰かに買われたことと、モデル番号からからベトナム版であったこと。Goo simsellerの楽天市場店のレビューをみれば、問い合わせるだけ無駄だとわかりますので、今回はこれで終わりとします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ