ビデオカメラを買いました。HITACHIのハイブリッドカメラ「DZ-HS303」です。HDDとDVDに記録できます。Macへの取り込みには、付属のソフトとUSBケーブルを使います。取り込まれた動画はmpeg2形式のファイルになります。

ところで、、、、

iLife 09に含まれるiMovieを使って動画を編集するためには、ファイルがDVフォーマットである必要があります(DV以外もサポートしているようですが、DVが一番いいと思われます)。しかし、HDDやDVDに記録するタイプのビデオカメラでは、MPEG2フォーマットが使われていますので、そのままではiMovieに取り込むことができません。試しに取り込もうとしましたが、「QuickTimeが解析できない形式です」とエラーがでてしまいました。

どうやら、iMovieはファイルを読み込むときQuickTimeを使ってるようです。しかし、そのQuickTime、無料でダウンロードできるQuickTimeはMPEG2を再生することができないのです。QuickTime MPEG-2 再生コンポーネント(Mac OS X)を購入する必要があります。

QuickTimeはバージョン6か7がインストールされているか確認してください。分からなかったら最新のQuickTimeをダウンロードしてください。但し、QuickTime Proキーを購入している方は注意してください。バージョンを上げるとProキーが無効になってしまう場合があります。

さて、無事MPEG2再生コンポーネントをインストールしたら、次はどうするかといいますと、iMovieに取り込みをします。

が、そのまま取り込むことはできますが、なんと音声がでません Σ(゚Д゚)ガーン

詳しいことは分かりませんが、そのまま取り込んではダメです。MPEG Streamclipというフリーウェアを使います。MPEG StreamclipはQuickTimeのMPEG2コンポーネントを利用して動きますので、先ほど買ったMPEG2コンポーネントは無駄にはなりません。

MPEG Streamclipを起動し、MPEG2ファイルをドラッグ&ドロップします。そして、FileメニューからExport to DV....を選択します。何もいじらず「Make DV」ボタンを押しちゃってください。しばらくすると、DVファイルが出来上がります。これをiMovieに取り込めばOKです。

ちなみに、MPEG2形式でQuickTimeで再生したい場合は、MPEG StreamclipのFileメニューにある「Convert to MPEG2 with MP2 Audio...」を選べばOKです。DV形式はiMovieで編集したい時に利用するといいでしょう。なんせファイルサイズが巨大です。動画の保存&再生が目的ならMPEG2形式がおすすめです。

以下、まとめ。

必要なモノ
MPEG Streamclip1.8(フリーウェア)
QuickTime MPEG-2 再生コンポーネント(Mac OS X)
*iMovie HD 6
*MacOSX10.4 or 10.5
*QuickTime 7
自分の環境が最新バージョンのものですので、これ以外のバージョンで動くかどうかは確認できません。

手順
1.MPEG Streamclipを使ってDVフォーマットに変換します。
2.iMovieに取り込みます。

あら、簡単(・∀・)

参考になったサイトを紹介しておきます。
Mobile-bozuさん
このかたは、16:9の映像が4:3になって困ってらっしゃったようですが、私がiMovie HDにそのまま読み込ませてみたところ、問題ありませんでした(・∀・)。1年くらいまえの記事ですので、iMovieのバージョンが違うのかもしれません。


ソフトを買うとき、使うときは、動作環境を必ず確認してください。