りんご箱

Macユーザの日記。Apple製品が大好き。防災に関心があります。

Macユーザりんごのブログ。最近、検索するとアフィブログ(サイト)ばかり引っかかってつまらないです。昔の本当に役に立つブログはどうやったら検索できるのかが知りたい。

どーも、りんごです。

最近は不正アクセスがとても流行ってるようです。なので、2段階認証できるサービスは積極的に設定をしています。

IDとパスワードだけじゃなく、自分の手元に持っている認証コードがないとログインできないようにするものです。認証コードはワンタイムパスワードともいわれ、30秒くらいで変化します。なので、不正アクセスされるのは非常に確率が低くなります。

先日もiCloudから4000万件のアカウント情報が流出か!?なんてニュースが流れてました。仮に事実だったとして、不正に入手されたアカウント情報でiCloudに不正ログインを試されると、2段階認証でない場合ログインされてしまいます。

こわいですねぇ。

ここで2ステップ確認を導入していると、自分が信頼できるデバイスとして設定しているiOS端末に確認コードが表示されます。このコードを入力しないとログインが完了しないのです。

悪いやつはここであきらめるしかありません。

最近では、Appleは2ファクタ認証という新しい認証方式を導入していて、iOS9以上、El Capitan以上であれば使えるようです。

私も2ステップ確認をやめて2ファクタ認証に変更しました。そしてついでに家族の分も2ファクタ認証に変更することにしました。

が、一つだけ、なぜか2ステップ確認も2ファクタ認証も設定できないAppleIDがあるのです。そもそも画面にでてこないのです。2ステップ確認の設定を途中で止めてる場合は2ファクタ認証が設定にでてこないので、オンにしてからオフにすると設定できる、という情報はあったのですが、2ステップ確認自体がでてこないのでオンにもオフにもできません。検索しても出てこないし、Appleのサポートに聞かないと解決できないかも。

まだ2ファクタ認証の設定してない人はすぐやるといいですよ。10分もかかりません。
Apple ID の 2 ファクタ認証



追記(2017/2/21)
2ファクタ認証の設定できないアカウントタイプがあるそうです。

Apple ID の 2 ファクタ認証の提供状況より
多数の iCloud ユーザに 2 ファクタ認証を有効にしていただけるようになりましたが、一部のアカウントタイプについては依然として、Apple の裁量によりご利用を見合わせていただく場合があります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック