りんご箱

Macユーザの日記。Apple製品が大好き。防災に関心があります。

どこかな

先日注文した「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。 [ 学研教育出版 ]」が届いたのでさっそく読んでみました。

左のページに解説、右のページに問題があります。解説をざっとみたところ、理解できないようなものはなく、内容は易しいです。

さっと解説に目を通し、問題をやります。ノートには書かず、頭の中で瞬間英作文していきます。

最初は考えなくても英語が口からでてきていたのに、疑問詞が登場してくるころから、できなくなってきました。

じっくり見てやったらできます。理解はしているけど英語がすぐに出てこない状態です。

文法はわかるけど、英語にならない。

(; ̄Д ̄)

なんか、自分がなんで英語がちっとも上達しないのかわかってきた気がする。

そこで、こっちの本を先にやることにしました。



この本をやり始めて、自分が文法をどれだけ無視していたかがよくわかりました!!

文法は知ってるんですよ。でも実際文法を意識して英語読んだことないんですよ!経験とカンで読んでいました!!(うわああああ)

文章の区切り目を探すのに最後まで目を通して逆から読み返して。。。と英会話では全く使えない技法を無意識に駆使していたことにも気づきました。やっちゃダメ!ってわかってるけどやってました!

ほんとひどい!!

この本は、日本語が英語の語順でかかれていて、主語+動詞の部分と、その修飾部分が色違いで書かれています。私はあえて区切りをいれて読み、構造を意識しながら頭から英語の語順で理解するようにしています。

英語の知識を箱に詰めて背負いながら、手に持った空っぽの箱を漁って英語を読んだり話したりしようとしていました。

英語を語順の通りにイメージし(わかりにくいのは日本語にして)ものすごく遅いのですが、一つ一つ文法を意識して英作文していくと・・・あら不思議。「あー」と「うー」しか出てこなかった口から英語が文章になって出て来ます。

文章の構造を意識したら、語順を迷うことがありません。

なんとなく、から、正しい英語にシフトしてると実感できます。

口から英語が出てこない人にはぴったりの本だと思います。



瞬間英作文で有名な本がありますが、私は挫折しました。文の構造が英文を見てもわからないので全く頭に入らなかったのです。たぶん全種類持ってますが、一冊も1ページすら英文を組み立てられたことがありません。日本語をみても、英語がなにも出てこないのです。CDをきいて、音読して、書いてみて、いろいろ工夫しましたが何も残りませんでした。

これは、本のせいではなく、私の英語力がこの本を扱えるほどないのが原因だと思います。一目で文の構造がわからないレベルの本は使ってはいけませんね。。。。

NOBU式トレーニング 英語のスピーキングが驚くほど上達する [ 山田暢彦 ]」は、英文の構造が一目でわかるので、1ページ5回も読めば日本語をみて英語を組み立てることができるようになります。

とはいえ、いきなりスラスラできるわけではありません。しっかり頭にはいったやつは日本語を見た瞬間に何も考えなくても口から英語が出て来るようになります。「こんにちは」をみて「えっと・・・Hello」なんてする人いないですよね?これが2語文、3語文・・・とちょっと長くなって来ても英作文できるようになっちゃいます。

暗記しなきゃ!覚えなきゃ!と思ってやってません。文の構造を意識しながら読むだけ。

文の構造がこんなに大切だったなんて知らなかったよおおおおお。・゚・(ノД`)

自由自在に英作文できるようになるまでには時間かかると思いますが、少なくとも「できるようになった!」という達成感が得られる英語教材は「はじめて」です。

中1、中2、中3とわかれていて、中1はほぼクリアしました。中2はちょっと手こずっています。たぶんここらへんからあいまい英語になってたんだとおもいます・・・。


急に英語力アップしてスゲェって感じで書いてますが、実際はまだまだです。日本語を見ないと英語がでてこないし、CDを聞いてすぐ理解できる英文は短いものだけです。今まで右へ左へうろうろして迷いつづけてきたけど、やっと一段上がることができたと思います。この最初の一段がのぼることができたなら、後は繰り返しトレーニングを続けていけばいいのかなと、ようやく道筋が見えた感じです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット