カテゴリ: iPhone / iPad

歴代iPhoneにはほとんど貼ってなかった画面保護用のフィルム。

初めて貼ったのはiPhone4Sのケースを買ったらおまけでついてきたもの。何も考えず適当に貼った結果、とても使いたくない代物になりました。

ホコリと気泡入りの画面は美しくありません(´・ω・`)。

すぐ剥がしてゴミ箱へ。

smartphone_film


その後画面保護シートは貼らずに過ごしましたが、iPhone5Sを使っているときに画面に引っかき傷をつけてしまいました。当時はガラスを割れたまま使う人も多くて、引っかき傷程度でって感じでしたが私は大事なiPhoneが傷ついたことが多少なりともショックでした・・・。

その後、尻ポッケに入れてて画面割っちゃったんだけど。

色々あってiPhone7を買ったとき、ケースは買ったけど画面保護シートは買いませんでした。その代わり、買った時についてくるシートを貼ったまま使っていました。

あれは購入者にわたるまで画面を保護するものであって、使用中保護するものじゃありません。そんなシートですがよく働いてくれました。

見かねた妹が私にシートをくれたのですが、ホコリと気泡まみれにしたくないと思い一旦は断りました。ところがそれは「ガラスシート」というもので、なんと今までのシートとは違い自ら画面に吸着する代物だとか。

注意すべき点はホコリだけ。

早速ホコリに細心の注意を払い貼ってみたところ、1.5割り増しでiPhone7が美しくなりました。やはり端っこにチリやホコリの侵入してきていたシートではダメですね。

そして去年バッテリーの交換をするまで欠けることもヒビが入ることもなくiPhone7の画面を守り続けてくれました。

さて前置きが長すぎなんですが、一度剥がすとやっぱりホコリに襲われてしまって、シートはダメになってしまいました。仕方ないので、他のiPhoneで使用していたガラスシートと同じメーカーのものを購入しました。しっかりくっついてくれて、割れも欠けもしないいい子だったので。





以前はなかった「ガイド」が付属していて、シートの位置合わせがとても楽になりました。ガラスシートの吸着力はけっこう強めなので、貼り直そうとすると剥がすのが大変です。無理に剥がしたら端っこが吸着しなくなったシートもあります。。。

IMG_0038


ホコリもチリも入らないように隅々まで付属のシートで拭き、目を皿のようにしてホコリとチリのチェックを行い、ガイドに沿ってはりました。

いい出来だ・・・と思ったら、端が吸着していません。押し付けても浮きます。というか、そもそも押し付けてくっつくものではないんですよね。



しばらくしたらつくのかと思いましたが、3ヶ月目の今も浮いたままです。

IMG_0238


それどころか、欠けてヒビも入っています。

iPhoneSE, iPhone7 Plus, iPhone7, iPad mini4 , iPadの5台で使ってて、欠けてヒビが入ったのはiPhone7とiPad mini4の2台。使用頻度が最も高いものに被害が出てるけど、前のシートはそんなことなかったので耐久性が低いのかもしれません。

また、シートが小さめで、ケースの端とシートの端の間が2mmあります。ここが当たって欠けやすいのかもしれませんね。iPhoneSEはケースとシートがぴったりくっついています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

数えたことはないけど結構たくさんの漫画本を持っています。

今は全部段ボール箱の中。

近々引っ越しの予定です。

本ってすごくかさばるし重いのです。

模様替えで本棚を移動させようとすると、本を出し終わる頃にはやる気を失っています。

電子書籍で欲しいと思っても、持っている本をまた買い直すのはなんかもったいないし、電子書籍では売ってないものもあるし、いつまで読めるかの保証もない。

だからと言って読めない状態ではゴミ同然。

そこで、自炊に挑戦してみました。

とはいえ、本格的に自炊セットを用意すると5万円くらいかかるので、まずは手持ちの道具でやってみました。

道具1:手差しの片面スキャナ(スキャンスナップs1100)
道具2:普通のカッター(裁断用)

スクリーンショット 2018-12-03 15.20.03


記念すべき自炊1号に選ばれたのはこちら

スクリーンショット 2018-12-03 15.20.12


なぜか一巻だけあったのでこれにしました。王室教師ハイネ1巻

オレンジ色のカッターでちまちまと裁断・・・。所要時間10分。

スクリーンショット 2018-12-03 15.20.21


一枚ずつ手差しで両面をスキャン・・・。所要時間20分。

完成!!

スクリーンショット 2018-12-03 15.19.41



*電子化のメリット
 大きい画面で読める。明るくて読みやすい。すぐに読める。場所をとらない。

*電子化のデメリット
 初期投資が必要。ショボい道具では無理。電気がないと読めない。


近々本格的に道具を揃えて実行したいと思いました!!




このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の年末まで3,200円(税抜)でバッテリー交換できるようになっています。

https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/battery-power

私のiPhone7は購入からちょうど2年になります。バッテリー容量は90%になっていました。

激混みのアップルストアで人に押されながらiPhoneの診断を受けて、充電回数は830回をこえていました。この回数なら交換した方が良いねってことで、iPhoneを預けたのですが、


待ち時間が3時間!!


ちなみに予約していってこれです。予約なしはそもそも修理の受付がされていませんでした。そろそろ駆け込みが始まってるかもです。ギリギリだと予約が取れなくて交換できないかもしれないので、交換を考えている人はマジでお早めに。

バッテリー交換に備えて家で準備したことは、

  • バックアップをMacにとる

  • 流出したら絶対困るものを削除しておく(1Passwordを削除しておきました)

  • ショップや銀行のアプリからログアウトしておく

  • 「iPhoneを探す」をオフにしておく

  • 保護フィルムを剥がしておく

  • パスコードを違うものに変えておく


 
初期化しなかったのは単に戻すのが面倒だったからです。パスコードを変えたのはいつも使っているものを人に言いたくなかったからです。


アップルストアでは

  • iPhoneを探すをオフにする

  • 保護フィルムの有無の確認

  • バックアップを取ったことの確認



パスコードを聞かれるのかと思ったら聞かれませんでした。なので中は見られていないと思います。


指定された返却時間にいったら長蛇の列ができていて、さらに20分くらい待ちました。私が受け取りにかかった時間は2分ほどです。返却された時に「iPhoneを探す」をオンにするように指示されます。

iPhoneを探すがオフにできないとあらゆる修理を受け付けてもらえません。年配の方がAppleIDもパスワードもわからなくて、サポートに電話していました。ストアの人は、本人じゃないとダメだからと横について対応していましたが、激混みの店内で大変そうでした。

修理する場合は、AppleIDとパスワードが必須です。

容量は90%から100%に増えましたが、体感では長持ちしてるようには感じません。でもまだ2年使えそうです。

AppleCareにはいってるので無料でした。

----------
2019/1/18

待ち時間に甘味処へ行ったら、お汁粉が千円超えてて、さすが銀座・・・と思いました。田舎モンはびっくりです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ